読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月経前症候群の薬って?PMSの症状から開放されたい!

月経前症候群(PMS)って薬で治るのかな?病院に行かないといけないのかな?市販薬やサプリはどうかな?デリケートな女性の身体のこと、もっとよく知って月経前症候群とも上手に付き合っていきたいですよね。

月経前症候群(PMS)って薬で治るのかな?病院に行かないといけないのかな? 市販薬やサプリはどうかな?
デリケートな女性の身体のこと、 もっとよく知って月経前症候群とも上手に付き合っていきたいですよね。


生理前の脇汗!不快で恥ずかしい汗ジミの対処法とは

生理前の時期は、イライラや消化不良・頭痛・胃痛など様々な症状が現れるものですよね。そして、脇汗もその一つ、初めは気のせい?と思ったりもしますよね。

でも、やっぱり生理前は脇汗をかきやすい。どうして脇汗が増えてしまうのでしょうか?そのメカニズムをご紹介したいと思います。

 

生理前に脇汗がひどくなるワケは?

 

この時期に脇汗をかきやすくなるのは、ホルモンバランスの影響です。

女性ホルモンは、プロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)の2種類あります。

この2種類の女性ホルモンが、同程度の量が互いに作用することで、生理や妊娠・出産が可能になるのです。

 

女性ホルモンといえば、美肌など美容面で注目されていますが一般的にそれはエストロゲンのことを指しています。美肌・女性らしいボディラインを作る、自律神経を整える・基礎体温を下げる(脇汗を抑えてくれる)などの働きがあるのですが、生理前はエストロゲンが減少し、プロゲステロンが活発になるのです。

 

排卵期から生理が始まる日にかけての時期を高温期と呼ぶこの時期は、プロゲステロン(黄体ホルモン)が優性の状態となり多く分泌されます。妊娠しやすい環境を整えるため、体温が上昇するため汗もかきやすくなります。

 

また、プロゲステロンが優性になると自律神経も乱れ、イライラするなどの症状や多汗になる傾向があります。このように、生理前に脇汗が増えてしまうのは、ホルモンバランスが大きく乱れることが影響しているのです。

 

女性の体の構造上起こりうることなので、脇汗が増えるというのは仕方のない部分でもあります。基本的には、一過性のものですので上手に付き合っていく方向で考えると良いでしょう。

  

生理前の脇汗対策3つのポイント

f:id:teatyan:20170506094122j:plain

 

ホルモンバランスの乱れが影響し、一過性のものとはいえ脇汗が増えるのは、臭いも気になるしどうにかしたいですよね。そこで、生理前の脇汗対策についても一緒にご紹介します。


大豆製品を摂取する

大豆イソフラボンはご存知の方が多いと思いますが、女性ホルモンの一つエストロゲン様の働きが期待できます。生理前は、エストロゲンが減少しホルモンバランスが乱れるので、大豆製品を摂取して大豆イソフラボンを摂取して、ホルモンバランスを整えられるように促しましょう。

サプリメントなどで摂取するとなると、摂取量に注意が必要です。

一日あたりの大豆イソフラボンの上限摂取量は70~75mgなので、いくら美容やホルモンバランスを整えたいとはいえ、過剰摂取にならないように気をつけましょう。

※摂取しすぎると反ってホルモンバランスが乱れます


服装に注意する

まず、脇汗をかいても目立ちにくい服の色というのがあります。それが、白・黒です。脇汗のシミの目立ち方が随分違ってきます。しかし、白は汗による黄ばみが残ってしまう可能性があるので、一番良いのは黒の服ですね。

 

また、服に汗ジミができないように脇汗パッドを活用したり、デオドラント製品を塗布するのも良いでしょう。デオドラント製品は、臭いをごまかすタイプではなく汗を止めるタイプの方が生理前の脇汗量の対処に向いています。

 
デオドラント製品を使う

また、服に汗ジミができないように脇汗パッドを活用したり、デオドラント製品を塗布するのも良いでしょう。デオドラント製品は、臭いをごまかすタイプではなく汗を止めるタイプの方が生理前の脇汗量の対処に向いています。

 

過剰な脇汗で手に負えない場合は…

対策してみても、あまりに脇汗が多く手に負えない方もいらっしゃると思いません。その場合は、婦人科を受診して相談してみるのも良いでしょう。

女性ホルモン補充療法により、ホルモンバランスを人工的に整えていく治療があります。しかし、この治療は自律神経の乱れを助長し、分泌の機能の低下する可能性があるので、よく相談し納得した上で治療を受けましょう。


まとめ

生理前の脇汗の増加は、ホルモンバランスの影響によるものである程度増えてしまうのは仕方ないといえるでしょう。一過性のものなので、食事で大豆イソフラボンを摂取したり、服装・デオドラント製品で対処して乗り切るようにしてみてください。あまりに多汗の場合には、婦人科に相談してみることをおすすめします。