読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月経前症候群の薬って?PMSの症状から開放されたい!

月経前症候群(PMS)って薬で治るのかな?病院に行かないといけないのかな?市販薬やサプリはどうかな?デリケートな女性の身体のこと、もっとよく知って月経前症候群とも上手に付き合っていきたいですよね。

月経前症候群(PMS)って薬で治るのかな?病院に行かないといけないのかな? 市販薬やサプリはどうかな?
デリケートな女性の身体のこと、 もっとよく知って月経前症候群とも上手に付き合っていきたいですよね。


月経前症候群の市販薬「プレフェミン」の主成分は?

月経前症候群(PMS)の治療薬が市販されています。
ゼリア新薬の「プレフェミン」です。

日本で市販されているPMS治療薬はプレフェミンだけだそうです。

 

要指導医薬品となっていますので、必ず薬剤師さんに
症状を話して、確認と説明を受けなければいけません。

女性の薬剤師さんがいるドラッグストアなどで
相談するといいかもしれませんね。

 

スイスやオーストリアなどでは一般用医薬品となっています。
PMSへの理解と取り組みは、西洋のほうがすすんでいるんですね。


プレフェミンの主成分は「チェストベリー」

プレフェミンの主成分は、チェストベリーという西洋ハーブです。

チェストベリーは、チェストツリーという植物の実です。
胡椒の実のような黒くて丸い形をしています。

チェストツリーは和名を「西洋ニンジンボク」といい
日本でも園芸・鑑賞用として親しまれています。

ラベンダーやセージなどと同じシソ科のハーブで
西洋では古くから薬効が知られ利用されてきました。

 

f:id:teatyan:20170206114215j:plain

 

プレフェミンの1日量1錠には、有効成分として
チェストベリー乾燥エキスが40mg配合されています。

1日1回、1錠を飲むだけでいいので続けやすそうですね。

毎日決まった時間に飲むようにすると、1ヶ月くらいで
効果を感じられるということです。


チェストベリーにはどんな効果があるの?

プレフェミンの主成分「チェストベリー」には
女性ホルモンのバランスを整える効果があるとされます。

月経不順やPMS、生理痛、更年期障害、不妊症などの
女性特有の不調を緩和するために利用されてきました。

「母乳の出がよくなる」とテレビで紹介されたこともあります。

 

PMSの症状では、乳房痛(胸のハリ)や頭痛、睡眠障害などのほか
イライラなどの精神的な悩みにも効果が認められています。

臨床試験では、生理3回分の期間を続けて服用した女性の約90%が
PMSの症状が改善したと答えているそうですよ。


実際に服用したひとのプレフェミンの口コミ

「2ヶ月半くらい飲んだころから、生理前の偏頭痛やうつ症状に
劇的に効いたのでおどろきました」

「イライラやネガティブな気持ちがなくなりました」

「情緒不安定がよくなり、だんなとのケンカが減りました」

「生理前のイライラに効いていましたが、生理がとまってしまった」

「頭痛と胸の張りは減ったけど、精神面にはあまり効果がなかった」

 

プレフェミンを飲んだ人の感想はいろいろです。

からだが楽になった人、精神的な症状に効果を感じた人、
生理周期が乱れた、ぴったり安定したなど、個人差があるようですね。


チェストベリーのハーブティーやサプリもあります

プレフェミンは医薬品として品質が認められていますが
チェストベリー配合のサプリメントも発売されています。

チェストベリーは安全性が高いといわれていますので
サプリメントやハーブティーを利用するのもいいと思います。

通販などで簡単に購入することができますよ。