読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月経前症候群の薬って?PMSの症状から開放されたい!

月経前症候群(PMS)って薬で治るのかな?病院に行かないといけないのかな?市販薬やサプリはどうかな?デリケートな女性の身体のこと、もっとよく知って月経前症候群とも上手に付き合っていきたいですよね。

月経前症候群(PMS)って薬で治るのかな?病院に行かないといけないのかな? 市販薬やサプリはどうかな?
デリケートな女性の身体のこと、 もっとよく知って月経前症候群とも上手に付き合っていきたいですよね。


生理不順の原因は?薬も関係あるってほんと?

生理不順

「あれ、生理が遅れてる…妊娠するわけはないし…」

「生理が1月とんじゃったけど、よくあることだし…」


毎月の生理が乱れると不安になりますよね。

健康な女性なら、25~38日周期で繰り返される月経。
周期や月経期間に個人差はありますが、一定しているのが正常です。

周期がバラバラになったり、急に大きくずれたりする
「生理不順(月経不順)」の原因はなんなのでしょうか?


生理不順になりやすい時期

多くの女性が生理不順を経験するのは
生理自体が始まるころと終わるころです。


・身体が成熟していない思春期

初潮があっても、まだ体の環境が整っておらず、
ホルモンバランスも安定しないので
スムーズに月経が行われません。


・身体が閉経に向かう更年期

ふつう、卵巣の老化は35歳ごろから少しずつ始まり、
50歳前後で閉経を迎えます。

閉経の前後10年間くらいが更年期で
徐々にホルモンの分泌量が減少し体調にも変化が。

閉経前の2~5年ほどは生理周期も不規則になっていきます。


身体や心に負担がかかると生理不順になる

生理不順の大きな原因はストレスだといわれています。

ストレスによって脳の視床下部の働きが乱れ、
排卵や生理を起こすための指令が正しく発せられなくなったり
自律神経に影響しホルモンバランスが乱れたりするのです。

次のようなことで心身に大きな負担(ストレス)がかかると
生理不順が起こりやすくなります。

  • 日常のストレス
  • 過度のダイエット
  • 激しい運動
  • 不規則な生活
  • 卵巣などの病気

 

f:id:teatyan:20170222095552j:plain


薬の副作用が原因になることもある

持病や治療中の病気のために薬を飲んでいる場合は
その薬の副作用として生理不順があることがあります。

精神的な薬や、抗アレルギー剤が多いようです。


たとえば、眠くならない花粉症の薬として人気の「アレグラ」には
副作用の可能性として月経異常が書かれています。

抗うつ剤としてよく使われる「ドグマチール」は
ホルモンバランスに影響するため、生理が止まったり
乳汁が出るなどの副作用がみられるようです。


薬の副作用による生理不順だと思い当たる場合は
主治医とよく相談するようにして下さい。

 

生活を見直し、長引くときは婦人科に相談

生理不順の原因はさまざまです。

まずは、規則正しい生活、ストレスをためないなど
毎日の生活をきちんと見つめ直してみましょう。


軽い生理不順であれば心配がいらないことが多いですが
放っておくと不妊症や子宮の病気などにつながる場合があります。

また、卵巣などに何かの病気が隠れている場合もありますし
生理があっても実は排卵されていないということも。


3ヶ月以上生理がこなかったり、不正出血がみられるなど
何かおかしいな、長引くな、と思ったらそのままにしないで
婦人科に相談されることをおすすめします。