読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月経前症候群の薬って?PMSの症状から開放されたい!

月経前症候群(PMS)って薬で治るのかな?病院に行かないといけないのかな?市販薬やサプリはどうかな?デリケートな女性の身体のこと、もっとよく知って月経前症候群とも上手に付き合っていきたいですよね。

月経前症候群(PMS)って薬で治るのかな?病院に行かないといけないのかな? 市販薬やサプリはどうかな?
デリケートな女性の身体のこと、 もっとよく知って月経前症候群とも上手に付き合っていきたいですよね。


月経困難症を低用量ピルで治療するなら?副作用ってあるの?

生理痛が強く日常生活が困難になるほどの症状になる場合、月経困難症と呼びます。

腹痛、腰痛だけではなく、悪心、嘔吐、貧血、食欲不振、頭痛といった症状も引き起こします。


月経困難症には2種類あり、主にストレスや子宮の未成熟が要因となる「機能性月経困難症」と、子宮筋腫・子宮内膜症といった子宮の異常が要因となる「器質性月経困難症」です。


このうち「機能性月経困難症」については、市販の鎮痛剤で対処ができるほか、低用量ピルによって軽減させることができます。

 

低用量ピルってどんなもの?


低用量ピルは経口避妊薬とも言い、2つの女性ホルモン「エストロゲン(卵巣ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」と似た作用を持つ成分でできています。

ピルを服用することにより、身体を妊娠した時に近いホルモンバランスになり排卵が止まるため、避妊をすることができます。

 

この低用量ピルには、乱れた女性ホルモンを補って整える効果があります。

これにより月経困難症の症状である生理痛の軽減し、出血量の減少を促し、生理周期を整えることができるのです。子宮がん・卵巣がんの予防にもなります。

 

低用量ピルの副作用はどんなものがあるの?

f:id:teatyan:20170213103913j:plain


現在使われているピルは、身体への負担を最小限に抑える処方となっています。

しかし、服用直後は頭痛・吐き気・乳房の張りといった軽度の副作用を起こします。

また、稀に整理周期外に不正出血を起こすことがあります。これらの副作用は継続使用によって、徐々に収まってきます。


よく「ピルを服用すると副作用で太る」といったことが言われていますが、これも副作用によるむくみであり、酷くない場合は心配するほどのものではありません。

症状が酷い場合は、ピルの種類を変えたり、服用量を調整したりします。

 

服用することによる病気のリスクは?


ピルの重大な副作用として、「静脈血栓症」があげられます。

しかし、ピルを服用していない女性に比べて、特別に確率が高くなるというほどのものではありません。死亡リスクは10万人に1人以下と言われています。

しかも、長期的に服用を続けることで、血栓症になるリスクも下がっていきます。


しかし、ピルを飲み始める年代が30代を超えるとリスクは3倍、40代を超えると5倍以上となり、年齢と共に血栓症のリスクは上がっていきます。

肥満、喫煙があると更にリスクが高くなります。


ピルを服用する際は、まず禁煙をすることがリスク低減につながります。

肥満はピルの服用に関係なく血栓症のリスクを高めますので、体質改善を行うようにしましょう。


低用量ピル服用中は6ヶ月から~1年周期で検診を受ける必要があります。

検診の時期がきていなくても、激痛、胸の痛み、頭痛、手足のしびれ、舌のもつれや失神・けいれんなどの症状が起きた場合は、速やかにクリニックの受診をしましょう。

 

自分にあったピルを探すには


低用量ピルには様々な種類があります。

個人輸入などで手に入るものもありますが、クリニックを通して処方していないものには本物の保証はありません。


どのピルが自分の体質にあっているかは、きちんと専門家の判断を仰ぐべきです。


低用量ピルに詳しい、ピル処方を行っている婦人科の受診をおすすめいたします。